ジェットスターのストライキいつまで?返金や振替はどうなる?宿泊補助などまとめ

2023年の年末から24年年始にかけて、航空会社ジェットスターがストライキを行うことを発表しました。

実際に欠航便が複数出ており、年末年始の帰省や旅行に影響が出ている方も多くいるようです。

ジェットスターのストライキがいつまでなのか、欠航時返金などどうなるのか気になりますね!

  • ジェットスターのストライキはいつまでなのか
  • 欠航した際の返金や振替などどうなるのか

上記についてまとめていきます!

スポンサーリンク
目次

ジェットスターのストライキはいつまで?

ジェットスター・ジャパンによると、2023年12月22日〜2024年1月7日までストライキが行われるとのこと。

年末年始直撃ですね。

ストライキによる欠航便の発生は日によって異なり、場合によっては当日や直前に欠航となる場合もあるようです。

ストライキの影響があるかについては、以下の方法で確認できます!

ストライキの期間が延長する可能性もあるため、ご利用予定の方は以上のいずれかの手段で最新情報を確認しましょう。

スポンサーリンク

ジェットスターストライキによる返金はあるの?

ジェットスターのストライキにより返金を希望する方は、払い戻しも可能とのこと。

今回のストライキによる欠航はジェットスターグループ都合によるものであるため、ジェットスター内のクーポン(フライトバウチャー)ではなく、支払い方法に準じた返金が受けられるようです。

ただし、フライトバウチャーで購入している航空券に関しては、支払い金額相当のフライトバウチャーが発行されます。

手続きは以下から行うことができます。

具体的な手続き方法については、上記オンラインのWebサイトから確認することができるため、ジェットスターご利用の方は万が一に備えて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ジェットスターストライキの振替は?

ジェットスターのストライキの影響を受け、他の移動手段を利用した場合の返金・補償対象は以下となります。

  • 後続のジェットスター便へ振替
  • 他社航空機への振替
  • 地上交通機関での移動(タクシーNG)

他社航空機への振替・地上交通機関で移動した場合の交通費の補填に関しては、2024年1月8日までの振替が対象となるため、検討している方は要注意です。

振替に関する公式HPの案内は以下となります。

【振替に関する案内】
 重要なお知らせ(ジェットスターHP)

詳細をまとめていきます!

後続のジェットスター便へ振替

振替を行う一つの手段として、後続のジェットスター便へ変更するという方法です。

ジェットスター便への振替は以下の方法で行うことができます。

  • オンライン
  • コンタクトセンター(ライブチャット)
    ※9〜21時
  • 空港カウンター
  • 予約した旅行会社や提携航空会社

空港カウンターでの手続きは混み合うことも予想されるため、以下オンラインでの手続きがおすすめです。

【振替は以下から!】
大幅な遅延・欠航時の対応について(ジェットスターHP)

また、ストライキ終了予定である2024年1月7日までは欠航が相次ぐ可能性もあるため、他社航空機への振替や地上交通機関での移動を検討した方が安心かもしれません。

他社航空機への振替

ジェットスターのストライキに伴い、JALやスプリングジャパンによる臨時便の運行が発表されています。

臨時便の運行予定は以下で発表されていますが、早くても前日の公表となっています。

【臨時便運行について】
 重要なお知らせ(ジェットスターHP)

実際に振替で搭乗できている方もいらっしゃるようですね!

また、臨時便のほか同一区間であれば、自身で手配した航空券代(普通席)の返金を受け付けています。

ちなみに他社航空機への振替に関しては、欠航を知らせるメールとは別のメールで案内が来るそうなので注意してください。

年末年始のハイシーズンであるため、自ら手配するのは厳しいという声もありますがチェックしてみるのも良いでしょう。

さらに、振替により宿泊が伴う場合は、一人一泊8,000円を上限に補償してもらうことも可能です。

補填を受ける際は、領収書と搭乗券半券が必要となりますので、大切に保管しておきましょう。

手続きはコンタクトセンター(ライブチャット)から請求することで、行うことができます。

地上交通機関での移動

国内の移動に関しては、空港間の交通費であれば補填を受けることが可能です。

ただし、鉄道もしくはバス利用(普通席)の場合に限るため、タクシーや自家用車の移動でかかる交通費は対象外となります。

この場合も、領収書は大切な証明となるため保管しましょう。

手続きはコンタクトセンター(ライブチャット)から請求することで、行うことができます。

年末年始の移動ハイシーズンに直撃した今回のストライキ。

多くの方に影響が出ていますが、他社航空への振替や地上交通機関の利用に対する補填は、LCC会社の中では異例と言えるようです。

なるべく影響が少なく年始を迎えられるようにしてもらいたいですね。

最新情報が入り次第、更新していきます!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次